agehasprings

MEDIA

蔦谷好位置 日本語吹替版音楽プロデュース実写映画版『キャッツ』全国ロードショー

実写映画版『キャッツ』が本日2020年1月24日(金)より全国ロードショー。

こちらの日本語吹替版の音楽プロデュースを蔦谷好位置が手掛けている他、田中秀典が日本語歌詞監修を、agehaspringsが日本語吹替版音楽の制作を担当しています。


映画『キャッツ』
2020年1月24日(金)全国ロードショー
日本語吹替版音楽プロデュース:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:田中秀典
日本語吹替版音楽制作:agehasprings

また映画の公開に合わせて蔦谷好位置のインタビュー記事も公開。
併せてチェックを。

【インタビュー】音楽プロデュース担当・蔦谷好位置が明かす 映画『キャッツ』の日本語吹き替え版が出来るまで


2019年11月18日、ザ・リッツ・カールトン東京で行われた映画『キャッツ』日本語吹替版制作発表にて。
蔦谷好位置の伴奏で高橋あずみさんが「メモリー」を歌唱しました。

映画『キャッツ』公式サイト

Facebookでいいね!する

READ MORE こちらのニュースもチェック

LATEST 最新ニュース

VIEW MORE

CREATORS&ARTIST クリエイター&アーティスト

Kenji Tamai

Koichi Tsutaya

Yusuke Tanaka

Rui Momota

Kousuke Noma

Masahiro Tobinai

Shunsuke Tsuri

Hiroaki Yokoyama

Shogo Ohnishi

Masaki Mori

Kaori Fukano

KOHJIRO

Jane Su

Kazuma Nagasawa

KOHD

Aimer (エメ)

15歳の頃、歌唱による喉の酷使が原因で突如声が出なくなるアクシデントに見舞われるも、数年後には独特のハスキーで甘い歌声を得ることとなる。2011年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビュー。
代表曲「蝶々結び」などを収録した4thアルバム「daydream」を2016年9月にリリースし、iTunesアルバムチャート1位などを獲得した他、CDショップ大賞2017において準大賞も受賞。
2019年には16枚目のシングル「I beg you / 花びらたちのマーチ / Sailing」をリリースし、女性ソロアーティストとしては5年ぶりの快挙となるオリコン週間シングルランキング1位を記録。
2020年には通算18枚目のシングル「春はゆく / marie」をリリースし、オリコン週間デジタルシングルランキングにて初登場1位を記録。
2021年4月14日に6th album「Walpurgis」をリリースし、Billboard Japan Hot Albums・Download Albums・Top Albums Salesにて自身初の3冠を達成。
2022年1月12日にテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編オープニングテーマ・エンディングテーマ収録の20th single「残響散歌/朝が来る」をリリースし、「残響散歌」がBillboard JAPAN “JAPAN HOT 100”にてBillboard JAPAN史上最高記録となる7週連続の1位を記録。史上5番目の早さで1億再生を突破する。

VIEW MORE

LINK 関連リンク